男の人

会社売却の際の流れを知っておこう|依頼する前に

お店

成熟市場での拡大施策

飲食店はすでに成熟した市場になっています。そのため、売上を拡大させるためには、工夫や知恵が必要になります。資金で改善できる面は多いのですが、工夫次第で資金をかけずに改善する方法はあるのです。限界を感じたらそれで終わりなのです。

会社を売却する時の流れ

オフィス

M&Aアドバイザーに依頼

後継者がいない場合に企業のオーナーが取る方法には2つあります。会社を潰すか会社売却です。多くのオーナーが会社売却を選択するのは、それまで磨いてきた技術を受け継ぐことと従業員の雇用を維持するためです。会社売却を行うためには、専門のM&Aアドバイザーにまず相談をします。M&Aアドバイザーは合併や買収をサポートするのが仕事です。会社売却の相談を受けたら、M&Aアドバイザーでは会社売却についてオーナーと契約を結びます。そして、売却先にふさわしい買い手企業を見つけてマッチングします。スムーズに売却を進めるために、会社売却についての提案資料を作成します。買い手企業にその提案資料を見せて、買収の意向を確かめます。この時に買い手企業とも契約を交わしますが、それは売却情報を漏らさないという契約内容になります。会社売却の情報が世間に流れると、取り引きに影響したり従業員を動揺させることになるので、それを防ぐための契約です。買い手企業がその気になったら、売却側とトップ会談を行うことになります。オーナー同士がその場で質問をし合いますが、財務内容や経営方針、従業員の雇用引き継ぎなど具体的な問題についてクリアにしていきます。トップ会談でお互いに納得したら、M&Aアドバイザーが条件を整理します。そして意向表明書を作成して買収方法について両者に提案します。それに了承したら両者で基本合意契約書を作成し、事実上の会社売却が完成するのです。

アプリ

会計をより便利に

レジアプリとはタブレットやスマートフォンで使うことが出来るアプリのことを言います。従来のレジと同じ機能を持っているのにも関わらず、費用が格段に安く、使いやすくなっているのが特徴です。またクレジットカード決済を導入したり集客に活用することも出来ます。

教師と男の子

独立する覚悟と準備

独立して塾を開業するためには、様々な面からの準備が必要です。コミュニケーション能力を向上させて、税務や法律に関する知識を身につけるなど、横同士の繋がりや人脈が重視される業界で塾を開業し生き残るための努力が必要です。