ウーマン

会社売却の際の流れを知っておこう|依頼する前に

独立する覚悟と準備

教師と男の子

具体的な準備の内容

独立して自ら塾を開業することを決意したら、まず塾開業希望者のためのセミナーに参加し、先人達から話を聞いてみましょう。成功者から話を聞くことは勿論のこと、失敗した人からも話を聞くことができれば、同じ失敗を繰り返さないためのリスクヘッジが出来るのでおすすめです。塾業界は横の繋がりが大切なので、同業者や同じ志を持つ人同士の交流会に積極的に参加し、塾開業後にもお互いサポートしあえる仲間関係を築いておきましょう。教育をすることが主たる事業の塾とはいえども、開業するとなると経理に関する幅広い知識や、運営にあたってのトラブル回避のための法律に関する知識が必要になってきます。会社を一つ経営するほどの覚悟が求められます。独立前の比較的時間に余裕のある時期に、業務と並行して、こういった様々なジャンルの本を熟読し、塾の料金設定等をスムーズに行なえるように準備を進めて下さい。また生徒や親など、人間を相手とする仕事のため、コミュニケーション能力に秀でていることも重要です。日頃から仕事に関係のある人もない人も含めて、幅広い年齢層の人と会話をしていれば自然と相手のニーズを読み取る能力が磨かれます。昨今の若者への理解を深め、また安心して親が子どもを預けられる塾にするために、心理学関係の講座を受けておくのも手です。入塾にあたっての保護者との面接などを想定しておくと良いでしょう。独立して塾を開業するにあたって身につけるべきことは、同業者との人脈、コミュニケーション能力、税務や法律に関する知識など多岐に渡ります。どれが欠けても成り立たないので、満遍なく備えて下さい。