目安と業者

お風呂

10年を目安にする

給湯器が故障したときには修理を依頼すればいいのか交換すればいいのか、どちらかを選ぶ必要があります。使用年数が短ければ修理する方が得だということはわかりますが、使用年数が長いときにはどっちのほうが得なのかを迷う人も多いでしょう。このような人には10年を目安に考えることをおすすめします。それというのも、修理にはタイムリミットがあるからです。実はメーカーは生産終了してから10年間は部品を保有する義務があります。つまり、購入してすぐに生産終了したとしても10年以内であればどのような機種であっても修理対応ができるということです。給湯器の生産終了から10年を超えると部品がないので修理することはできません。したがって、使用してから10年を目安に修理にするのか交換にするのかを決定するといいでしょう。給湯器の修理をするときには工務店やマンション管理会社に連絡をしましょう。そうすれば給湯器メーカーのサービス担当者、もしくは当該メーカーと業務提携している修理業者が来てくれます。また業者を選ぶときは料金体系がしっかりしているところがおすすめです。曖昧な料金設定だと修理が終わるまでどれくらいの料金になるのか分からず、不安に感じるでしょう。しかし、HPなどに料金がきっちり明記されていれば、このような不安を感じることはありません。また料金に不安を感じるのであれば、業者に問い合わせて確認するといいでしょう。対応が丁寧な業者であれば、きちんと答えてくれます。

Copyright© 2017 エコキュートでエコ活動【機能性と美しさを盛り込んだ最高の空間】 All Rights Reserved.