買い替えのタイミング

作業員

必要な費用は

給湯器の買い替えタイミングは、耐用年数から見ればガス式では8年から10年程度で、電気式では15年から20年程度ですが、使用する環境によってはこれよりも短くなる場合があります。特にガス式の場合にはガスを燃焼させることでお湯を沸かすという性質上、部品の劣化が激しいため必ず交換する必要があります。またガス式の給湯器には保証期間が長めに設定されておりその目安が8年ですから、8年を経過すると保証がなくなるので交換をするのがベターな選択です。給湯器を交換するための費用としては、ガス式は耐用年数が短いので3万円から20万円程度で、電気式の場合には10万円から100万円程度が相場と言われています。しかし、これはあくまでも、給湯器を交換する費用であり、そのほか追加工事が発生するとそれだけ余分に費用が掛かります。基本的に追加工事が発生する可能性があるのが配管です。給湯器で供給されるのは温水であるため耐熱性のパイプが使われていますが、その性質上劣化しやすいので場合によっては交換しなければいけません。また給湯器をワンランク大きいものに交換したい場合や個別に給湯していたものをひとつにまとめるといった場合には取り付けスペースの工事や浴室などの改装工事もしなければならないこともありますので、それらの工事費用も発生します。またガス式ではガスの配管、電気式では電気の配線工事なども必要な場合があります。このため給湯器の交換では単純に機器の交換だけでなく、全体に工事を行わなければいけないのか調べた上で行うことが重要です。

Copyright© 2017 エコキュートでエコ活動【機能性と美しさを盛り込んだ最高の空間】 All Rights Reserved.